ダウンロード実証! 風水開祖・楊救貧の帝王風水 無料のePub 張 玉正 490672437X

実証! 風水開祖・楊救貧の帝王風水


Book's Cover of実証! 風水開祖・楊救貧の帝王風水
3.9 stars of 5 from 3 Readers

ダウンロード実証! 風水開祖・楊救貧の帝王風水 無料のePub 張 玉正 490672437X - 内容紹介 プロの風水師待望の秘伝! 風水の奥義が「生きた教材」「一目でわかる好山好水画像」で学べる! 400点にも及ぶ中国・台湾の名山名穴地理風水の足跡がオールカラー紹介! 堪與(かんよ=風水の別名)界四大宗師のひとり「楊救貧(ようきゅうひん)」の足跡を中心に、実地検証した風水紀行です。 風水とはいったいどういうものなのか? 名山名穴と呼ばれる立地がどんなものなのか? 理論だけ、知識だけの偏った見方ではなく、 400点にもおよぶカラー画像により、 実際に自分の目で見て確かめることができます。 ◎風水を初めから学びたいかた~プロのかたまで活用できます! ・実際に風水を使ってビジネスをしている人 ・これから風水を学ぼうとしている人 ・建築家など住宅関連の仕事をしている人 ・歴史好きな人 「風水の極意はつまるところ形法です。理気しか知らない日本の風水師は この本を読んで、次は巒頭を学ばなければならないことを知るでしょう。 しかも、本書では、理気についても、日本の専門書には書かれていない奥義が 惜しげもなく披露されています。この本を読んで、訳者である私も、 巒頭以外で何が重要なのかがほぼ把握できました。 本書は、まさに著者の秘伝を伝授しようという気概に溢れた良書と言えるでしょう。」 「いまだに、日本で独自に創作された「九星気学」を、風水だと誤解している多くの日本人。 (中略)近年、ようやく海外の風水師によるレクチャーで、 「本物の風水は、日本の方位術と違う! 」ということがわかってきた様子。 そして、この本を読むことで、さらに「中華民族にとっての伝統的風水とは何か?」 が確実に理解できるようになるでしょう。 著者である張先生は、「一般読者が分かりやすいように、写真を多く用いて書いた」 と言っていますが、実のところ、プロの風水師にとって唯一無二の学習本なのです。 (訳者あとがきから) 目次 第1章 楊救貧―歴代の風水形法の精華を集める 第2章 楊救貧の風水は寧都にあり 第3章 楊救貧の風水は三僚にあり 第4章 楊救貧の風水は興国にあり 第5章 楊救貧の風水は贛州にあり 第6章 紫禁城と明十三陵を造営する 第7章 帝王風水 第8章 孫中山先生、祖墓の風水 第9章 二十一世紀中国のリーダーの風水 第10章 蔣氏の浙江奉化、そして台湾大渓の風水 第11章 台湾の好山好水 第12章 風水師常用の証穴法と口訣 内容(「BOOK」データベースより) 宗師楊救貧の足跡を中心に、中国・台湾に自ら足を運んで実地検証した名山名穴地理の風水紀行の全貌が、いまここに!オールカラー!400点にも及ぶ写真(画像)付きの「生きた教材」で学ぶ楊救貧の風水の奥義! 商品の説明をすべて表示する

Download Read Online

Details of 実証! 風水開祖・楊救貧の帝王風水

Book's Title実証! 風水開祖・楊救貧の帝王風水
Author張 玉正
ISBN-10490672437X
Publication's Date2017/11/17
Category
Tags
Customer's Rating3.9 stars of 5 from 3 Readers
Filename実証-風水開祖-楊救貧の帝王風水.pdf
Filesize28.11 MB (current server's speed is 24.67 Mbps

Below are some most help review about 実証! 風水開祖・楊救貧の帝王風水. You may consider this before deciding to buy/read this boook.
風水流派全体の、土地勘と言ったところです。写真が、鮮明で美しいです
しばしば、日本の風水術は、「小さなこと」が全てを物語るという形式が多かったのですが、それは、いわば、「抜け道」的な方法であり、「解決方法自体」を示しているわけではなく、「抜け穴を抜けて自らを正当化する」形式が殆どでした。その為、一過性の流行になる事はあっても、「定着する」という事は、有りませんでした。楊公風水術として名高い「巒頭風水」においても、「大きな規模の風水が庶民に大きな希望を持たせることに成功した」のであり、自宅・町・地域という小さな視点で語る風水ではありません。楊公が客家人を選んで伝承しているのであれば、それは裏返せば、「客家人の風水術」という視点で語る事が可能です。楊公の志を見直す本であると思います。